みけ3の日々あれこれ

mike30.exblog.jp

好きなこと、発見、思ったことなどなど

カテゴリ:アニメの話( 25 )

追悼

鬼太郎の目玉の親父といえば、田の中勇さん。
Zガンダムのバスク・オムといえば、郷里 大輔さん。
(TVタックルのナレーションもしてましたね)

アニメファンではなくても、知らない人はいない声優さんです。

子どもの頃から馴染んだ声でもあり、つい最近までご活躍していたお二人ですが、
残念なことに相次いで、お亡くなりになりました。

心からお悔やみ申し上げます。合掌。
[PR]
by mikeneko-30 | 2010-01-26 20:57 | アニメの話
昔、テレビアニメで放送していた「サイボーグ009」。

実は、私・・・大好きなんです(^^)v
さっき、ブログパーツで見つけたので、貼り付けました。

カッコいいし〜♪


歳バレでもしかたがない・・・言ってしまうぞ。
私が、初めて見た「サイボーグ009」の衣装は、赤いマフラーに白いコスチュームだったのだ。
それに、今のキャラよりもダサかった・・・(汗
でも、当時は、それでも充分カッコよかったんですよ。

だって、歌は ♪あかいマフラー なび〜か〜せて〜・・・だったんだもん。

次に見たのは、映画「超銀河伝説」だったかな?
友達と映画館に見に行きました〜。
その時のパンフレット、どこかにしまってあります、はい。

さすがに、一番最近のアニメはあまり見ていなかったけれど・・・でも、見てたんかい!
だんだん、009がカッコよくなってます(時代にそぐってるだけか・・・)

石ノ森章太郎先生、カッコいいマンガを残して下さって、ありがとうございました!
サイボーグ009は不滅です!
今さらながら、声を大にして言いたいです、はい o(^▽^)o
[PR]
by mikeneko-30 | 2009-10-18 22:32 | アニメの話

ハウルの動く城

昨日、テレビで放送されていた「ハウルの動く城」。

映画は2回観たし、DVDも持っているけど見ました。

宮崎アニメの特に好きなところは、背景の美しさ。
もちろん、内容もキャラクターも声優さんも素晴らしいと思うけど、空の色や街並みの描写は特にすごい、キレイだと思いながら、いつも観ています。

でも、ハウルの場合はちょっと違うところもあったりして。
なんだか、星の王子さま的な感じ・・・しません?

この映画を見終わると、いつも夢から覚めたみたいになるんですよね。
たぶん、心のどこかで誰かと重ねて観ているからでしょうね・・・(恥ずかし・・・)


今でも携帯サイトはあって、毎月待受けカレンダー更新されていますよ。
ポニョも早いところ、見に行かなきゃ・・・((( ・・)
[PR]
by mikeneko-30 | 2008-10-04 21:20 | アニメの話
息子に某ゲームをたのまれて、近所の中古ゲーム屋さんに立ち寄った日のこと。
最近、めっきりPS2なんぞやらなくなってしまいましたが、DSは時々やっているので、ウロウロとゲームを見て回ってました。
あいにく、息子にたのまれたゲームは売ってなかったので、帰ろうとした時、見覚えのあるイラストが・・・。
「三蔵? なんで、ゲーム屋さんに『最リロ』のDVDが?」
思いつつも、手に取ると、「最遊記RELORD」と「最遊記RELORD GUNLOCK」が別々に全巻そろってるじゃありませんか!
このアニメ、毎週録画していたけれど、後半はビデオデッキが壊れて、ほとんど録画されてなかったので、観ていないんです。
中古とはいえ、7巻ずつ揃っているし、値段はそれぞれ1万円を切っている価格。
「ほすぃ〜〜い・・・しかし・・・今は、手持ちがない!」

欲しいのは、やまやま、だけど、ちょっと値段が・・・だけど、全巻普通に揃えたら、もっと高い。
いや、こんなところで、無駄遣いしてはいけない。
廉価版が発売するまで待つか・・・いや、前作のように、廉価版が発売するとは限らないし。

・・・と、第三者からすれば、ど〜でもいいことに悩む、悩む(もっと他のことで、いっぱい悩みあるのに・・・)
息子に相談したら、「やっぱ、それって、『買い』じゃない?早く行かないとなくなるんじゃない?」とのこと。

そして、数日後の結果・・・「もう一度、お店に行って、なかったらスパッとあきらめよう!」と。
行きましたよ、もう一度。
そしたら、あったんですよ、まだ。売れてなかったんです。
というわけで、買ってしまいました・・・「最リロ」のDVD。

さらに、数日後、一部観ました〜。ちょっと感動(^^;

でも、よく考えてみれば、ゲーム屋さんは穴だったかもしれません。
普通、中古ゲーム扱う店で、DVDまであるとは思わないですもん。

おかげさまで、今月は、ちと苦しいです・・・(滝汗
[PR]
by mikeneko-30 | 2007-05-30 22:23 | アニメの話
春休み恒例イベント・・・かどうかは、わかりませんが、今年も「東京国際アニメフェア」に行ってきました。
毎年、なんとなく行っていたんですが、今年は、子どもが何も言っていなかったので、忘れているものだと思っていたんですね。
それに、以前ほど興味も薄れてきたかとも思っていたんですけど、念のため「今年はどうする?」と聞いたらば、「行くに決まってるじゃん」という返事が返ってきたので、子どもは、しっかり行くつもりでいたんですねぇ。

このイベントのいいところは、幅広い年齢層の人が楽しめることだと、私は思っています。だって、今やっているアニメだけにスポットを当てているだけではなくて、テレビが白黒の時代にやっていたアニメも紹介されていたりして、「懐かし〜(感涙)」な〜んていうのもありますから。
さらに、これからクリエーターを目指している学生さんの作ったアニメがあったり、今年は、韓国のアニメもいくつか紹介されてましたよ。

でも、やっぱり我が子の目的は、ただ一つ!・・・ガンダムだった(^^;
母親の私の方は、あれこれ見たいのがあったりして。
子どものころ見ていたアニメから、ワンピース、ジブリ作品、・・・などなど。
GONZOの作品だって、気になるし・・・。
あちこちから、ステッカーや紙袋やクリアファイル、もらっちゃいました〜。
でも、今年もバンダイの紙袋はゲットできなかった・・・(_ _;;
今年は、Zガンダムだったんですけどね。やっぱり、ガンダムは人気ありますから。

結局、エエ歳こいて、私の方が楽しんでいたかも(汗
あまり前情報無しで行ったので、中でのイベントは観られなかったんですけど、やっぱり行ってよかったです。
たぶん、来年も行くような予感が。

・・・ところで、りんかい線って、普段あまり乗らないので、気にしてなかったんですけど、けっこう料金高いんですね。
新木場駅から二駅で、260円かかりました。
埼玉高速鉄道みたいなものか・・・などと思ってしまいました。
(これは、とっても余計な話ですね・・・ははは・汗)
[PR]
by mikeneko-30 | 2006-03-27 21:54 | アニメの話

思わず、涙(T_T)

 昨日放送されたアニメ「雪の女王」。
 「マッチ売りの少女」の話だったんです。
 原作がアンデルセンですから、そういう話も取り混ぜて、
 本編を進めていくんでしょうねぇ。
 
 マッチを売って、一人で暮らしている女の子マリアとゲルダが町で出会って、
 というところから今日の物語は始まったんです。
 大筋では、原作と同じで、最後には、マリアは雪の中で死んでしまうんですね。

 内容はわかっていたんですけど、ほんと、最後はうるうるきてしまいました。
 マリアがすごくかわいかったし、声優さんも上手だったし・・・。
 (って、当たり前か・・・チョッパーの大谷育代さんだもん)  
 
 子どもは、しれっとしてましたけど、
 こうやって、アニメになってしまうとかわいそう度が高いですね。
 というか、子どもの感性には、ただ「かわいそう」としか届かないのかな?
 大人になると、感性が強くなるわけではないけれど、涙腺が弱くなるのかな?
 「フランダースの犬」の最終回なんて、大人になってから見たら、
 ほんと、うるうるだったし、「ほたるの墓」もそうだし。

 う〜ん、今の子どもは、恵まれすぎてるから、想像つかないのかもしれない。
 って、自分が恵まれてなかったわけではないですけどね。

 親がいて、屋根のあるウチに住めて、普通にごはんが食べられて、
 学校に行けて・・・。
 そんな生活に感謝しなきゃいけないですよね、今時の子どもたちは
[PR]
by mikeneko-30 | 2005-10-03 20:32 | アニメの話
 月刊誌「ZEROSOM」に連載中の峰倉かずやさんの「最遊記RELORD」。
 好きなんです。

 ただ、未だによくわからないのが、マンガを買いはじめたきっかけなんですよねぇ。
 本屋さんで、ピンとくるものがあったんでしょうか。
 私が揃えたのは、新装版のほうなんですけど、絵の緻密さに惚れて、
 すっかりハマってしまいました。

 先月28日に発売したオフィシャルガイドブック「最遊人」を
 やっと手に入れました。
 ・・・って、単に買いに行きそびれてただけなんですけどね(^^;

 絵を見たときに、描いているのは男性だとばかり思ってたんです。
 実際は、違っていたんですけど・・・。
 タッチが、意外と骨太なんですけど、繊細なところもあって。
 もちろん、ギャグな絵も大好きです。
 アニメーションにもなりましたけど、途中から、ちょっと雑になってきてしまって、
 ちょっとガッカリしちゃったんですけど・・・ボソッ

 個性的なキャラも魅力的だと思います。
 どちらかというと、「外伝」の展開が気になっているんですが、
 今月から連載が始まるそうです。\(^▽^)/
 天界で何があって、どうなって、悟空が500年、閉じ込められていたのか・・・
 知りた〜〜〜〜い!

 というわけで、峰倉かずやさんには、これからも期待してます。

 アニメ、またやらないかなぁ・・・
 石田彰さんの演じる八戒、すごくお気に入りなんですけどねぇ。
 (いえ、もちろん、全員好きなんですが!) 
[PR]
by mikeneko-30 | 2005-08-09 22:33 | アニメの話
 なんて、すごいタイトルですけど、大したことじゃないんです(汗

 今日のドラえもんを見ていて、思ったんですけど、
 藤子アニメには、「かみなりさん」と「小池さん」が欠かせないんだなぁ、と。

 旧オバQ(歳バレ?)の時代から、この二人はいたんです。
 その後も、藤子アニメに出演?しているんですね。
 小池さんは、そういう名前じゃなくても、同じ顔で手にはラーメンがあって。
 かみなりさんは、絶対に野球のボールが飛んでくるような広場の近くに住んでいる
 頭のはげた、着物を着たメガネをかけたおじさんで。

 時代が変わって、アニメが変わっても、この二人は変わっていません。
 インパクトが強いわけではないんですけどね。
 なんだか、不思議なキャラクターだな、なんて思ってしまいました。

 
[PR]
by mikeneko-30 | 2005-08-05 20:41 | アニメの話

懐かしのマンガ

 昨日、大矢ちきさんのマンガが読みたいな、なんて思ったんですけど。
 ご質問コメントもありましたので、知らない方のために少々。

 このマンガ家さんは、そんなにたくさん作品を描いてないんです。
 体調を悪くされてやめた、というウワサを聞いたんですけど。
 最近、パズル誌でイラストを見ました(一目見て、わかりました!)。
 復帰されたみたいですね。

 私の読んでいた当時は、「ウォーリーをさがせ」のごとく、
 細かいイラストを描いたり、マンガの中に内容とは全然関係ないキャラがいたり、
 内容とは別のことでも楽しませていただきました。
 シリアスな絵はステキでしたけど、ギャグちっくな絵はとてもかわいかったです。

 「おじゃまさんリュリュ」という作品が一番印象に残ってます。
 ばく大な遺産を相続したドジな女の子と美形ばかりのドロボー集団の
 ドタバタラブコメディーなんですけど。
 いえ、ちゃんと内容もその絵も頭の中には、しっかり残っているんですが、
 内容を書くとキリがないのでやめておきます(^^;

 他には、スケーターが主人公の「雪割草」や幻想的な「いまあじゅ」なんていう
 作品もありましたっけ。 
 私の記憶が正しければ、「雪割草」という作品のラストは、主人公は白血病で
 フィギュアスケートの大会が終わると倒れちゃって、ペアを組んでいた男性が
 「私はもう滑らない」って去っていったような・・・
 (間違っていたら、本当にごめんなさい)

 作品集も出版されたんですが、今は、絶版になってしまってるみたいです。
 確か持っていたと思うんですけど、どこにしまったのやら・・・(汗
 
[PR]
by mikeneko-30 | 2005-07-27 21:29 | アニメの話
 マンガ大好き歴、かれこれ○○年。
 気がついたら、マンガを読んでましたねぇ。
 
 「怪物くん」の単行本を買ってもらったんです。
 でも、まだ漢字が読めない頃です。
 読めなくて、母にその都度聞くじゃないですか。
 母は、めんどうだったので、その単行本の漢字に振り仮名をふってくれました。
 今、考えてみれば、たいへんだったでしょうね。
 母に感謝です。

 学生の少ない小遣いから買った単行本は、結婚するときに処分してしまったので、
 好きだったマンガだけど、手元にはもうほとんど無いんです。
 
 最近、昔のマンガが文庫本化されて売ってるんですね。
 自分の好きなマンガ家の名前を見ると、思わず手にとってしまうものです。
 そして、今日、当時好きだったマンガ家の一人だった「陸奥А子」さんの
 作品集を買っちゃいました。
 
 夢のあるストーリー、さらりとしたタッチの絵・・・。
 大好きです(^^)。
 今日買ったのは、雑誌「りぼん」に載った作品ばかりで、
 まさに、おぉおおお〜〜〜〜〜!なつかし〜〜! です。

 懐かしい・・・と言えば、「大矢ちき」さんのマンガも読んでみたいなぁ。
 りぼん名作選で、出たらうれしいんですが・・・(集英社様!)

 こうやって、懐かしいなぁ、と言いつつ、またマンガが増えていく(汗
 
[PR]
by mikeneko-30 | 2005-07-26 21:59 | アニメの話