みけ3の日々あれこれ

mike30.exblog.jp

好きなこと、発見、思ったことなどなど

カテゴリ:治郎さんな話( 30 )

ライブに行った話

11日に久しぶりにライブに行ってきました。

大好きなトリオ、Daisuke Kunita Trio です(^^)

メンバーは、國田大輔(G)、岡田治郎(B)、板東慧(Dr)。

PRISM以外で治郎さんの出るライブを観に行った初めてのライブが國田さんのトリオライブで、ドラマーさんは違っても、なんだかんだ國田さんのトリオライブは5,6回行ってます。

「もう曲も覚えたでしょ?」と言われたけど、いつ行っても同じなのは、曲の最初と最後だけで、真ん中はいつも違うんでね〜・・・。
いつも違うところが、ライブの醍醐味なんですけどd(^-^)ネ!

高田馬場音楽室DXさんに行くのも一年ぶりで(その時もこのトリオだった)。
店長さんもお元気そうで何よりでした。


ライブはね・・・

何しろ、楽しかったです。始まる前は、微妙に緊張してたんだけど、メンバーが出てきて音が出たら、もうすっかり音楽に入り込み状態で(笑)。
「ああ、こんなにライブって楽しくて、気持ちよかったんだよね〜」なんて。

久しぶりに聴いた、板東さんのドラムも適度に爆音で。いつも思うのは、ドラムがちゃんと曲そのものになっているというか、ドラムだけでも曲として聴けるというか。すごいな、相変わらず。

治郎さんは、カッコよくて。←当たり前じゃ!
いつも笑顔で鋭い突っ込みを入れたりするんですけど、それも健在(笑)。
めずらしく、自分から弾かなきゃ曲が始まらないのを忘れちゃってたりして「あ、オレからか」なんて言いつつ笑ってました。

國田さんは、曲ごとに変えるチューニングも慣れたもので、足でパチンパチンとした後、「はい、いきましょう」と。本当に、マイペースというか、どんなフレーズも弾いちゃうぞ、みたいな。
カバー曲をやったりもするんですけど、ジャズのようなフュージョンのような。私としては、わりとすーっと入りやすい曲が多いような気がします。


本当に、楽しかったなぁ〜〜。
これだから、ライブに一度足を運ぶとやめられなくなっちゃうんですよね〜。

このトリオでCDが出たらいいのにな、っていつも思うんですけど、この際だからライブアルバムにしちゃうとか。ライブがカッコいいと思うし。

國田さんのトリオライブ、またぜひ行きたいと思います・・・だから、また集まってください(笑)
[PR]
by mikeneko-30 | 2012-05-20 11:59 | 治郎さんな話

今年行ったライブな話

今年ほど、東京に住んでいることに感謝した年はないかもしれないです。

きっかけは、治郎さんだったけれど、ライブにいっぱい行きました。
こんなに行ったのは、20歳くらいのとき以来かも。
(当時は、コンサートだったけど)


  1月15日 Daisuke Kunita Trio  (治郎さんがベース)
  3月 5日 PRISM INVITE ツアー
  5月22日 Daisuke Kunita Trio  (治郎さん、ベース・坂東さん、ドラム)
  6月17日 菰口・矢吹・岡田・今井セッション
  7月30日 菰口今井Jam
  8月22日 Daisuke Kunita Trio  (治郎さん、ベース・坂東さん、ドラム)
  10月16日 PRISM
10月29日 粥川なつ紀×岡田治郎+嶋村一徳 kosamota Live
10月30日 國田×菰口セッション
  11月 2日 Creamer Project よしのりいまーい ばーすでー・らいぶ
  11月 4日 E.J.Q         (治郎さん、ベース)
  11月29日 大橋勇武セッション   (治郎さん、ベース・今井くん、ドラム)
  12月12日 菰口今井Jam
12月19日 HY Jam        (今井くん、ドラム)
  12月20日 PRISM INVITE NX ツアー


今年、行ったライブです。

こうやって振り返ってみれば、始めは治郎さんが出演しているのに行っていました。
そのうち、治郎さんが出演していないライブにも行くようになってます。


どれも、みんなすばらしいライブでした。

特に、若きドラマー、今井くん。
治郎さんじゃないけれど、いつ観ても、違う一面に気づかされる、という。
まだまだ成長しているのが、よ〜くわかります。これからが、とっても楽しみなドラマーです。


本当、治郎さんには、お礼を言いたいです。
治郎さんのおかげで、いろいろなライブに行って、今まで知らなかったすばらしいミュージシャンや曲を知ることができました。


あの近さと音を聴いてしまったら、ホールコンサートは本当に雲の上な感じがします。
ライブが終わった後に、今、演奏していた人と話しができたり、握手したりなんて、
今まで考えられなかったんですから。

買ったCDにサインもしていただきました♪(^^)
みなさま、本当にありがとうございました。


来年も、家族に嫌がられないように、ミュージシャンに嫌われないように気をつけながら?、
ライブハウスに行きたいと思います。


私にとって、ものすごいストレス解消の場を見つけてしまった、そんな年でした。
[PR]
by mikeneko-30 | 2010-12-31 22:17 | 治郎さんな話

PRISM INVITE NXツアーな話

20日に、PRISMのライブに行ってきました〜・・・って、報告、遅!

前日は、室蘭でライブだったメンバーですが、この日は、東京は新橋ZZです。
飛行機に乗ってしまえば、連日でも大丈夫なもんですね。
(室蘭で余韻に浸っている方が、数名いらっしゃるようですけど・・・成功おめでとうございます)

思っていたよりも、狭いライブハウスでした。
どちらかと言えば、ソロ・ライブ向きかなぁ、みたいな。
でも、お客さんはびっしりです。

相変わらず、一番乗りな私でして・・・(^^;
でも、開場予定時間の6時には、まだリハーサル中でした。
階段のある入り口の前にいると音が聴こえてる〜〜♪ しあわせ〜〜♪
と、結局、30分オーバーで開場になりました。

そして、ライブは7時半過ぎた頃に始まりました。


いきなり、新曲から始まりました!(≧▽≦)
・・・東北ツアー、室蘭ライブに行かれた方は内容はご存じかと思います。
それも、治郎さんの曲〜〜! 感動!


治郎さん、カッコいいなぁ〜〜・・・なんて思いつつ、どうしてもベースを弾く手に目がいってしまうという(^^;
でも、万作さんの叩くドラムもカッコいいし、アキラさんだって、スラスラ、ギター弾いてるし。


なんだか、演奏している姿を見ていて、余裕というか貫録というか、感じました。

ただ・・・MCはね・・・アキラさんのいけない発言があったりして(まあ、事実なんですけどね)。

「PRISMは、みんなでやっていくバンドだから。地方に行くのって、大変なんだぞ。みんなが(CDなど)買うと ▽△パー(セント)はいるんだからな。バンドやるのも大変なんだぞ」

お〜〜い! そんなこと言っちゃってもいいのか〜・・・みたいな。
万作さんが、焦ってました(笑)。
「あ、言っちゃったよ。内緒だぞ!」だって。なんとも、アキラさんらしい(^^;;

結局、理路整然と話を進めてくれる、という治郎さんにバトンタッチしたりして。

「INVITE」はお年玉に、とのことです。

アキラさんのDVDは、即興演奏なのでこんな企画はない!とのことです。
みなさま、ぜひお買い求めください。安いところで買っちゃダメだそうです(笑)。


そんな楽しいMCの後にも、演奏はすっごいカッコよくて。

PRISMって、本当にカッコいいバンドです。


本当は、今年最後だったので、メンバーに一言お礼を言いたかったんですけど、
今後のことも考えると帰り時間のほうが優先になってしまって、終わってから、ソッコーで帰りました。
外に出たら、治郎さんがどなたかと話をしてましたけど、その横を走って帰ってしまいました。

う〜ん、残念(_ _;


この場をお借りしまして・・・

すばらしいライブ、ありがとうございました。来年も、絶対に行きますんで、
よろしくお願いします。


新しいアルバムは、来年の3月23日か25日に発売だそうです。
明日(21日)トラックダウンするので、アルバムタイトルも決まってないとか。
どうだろう、あれから1週間・・・タイトルくらい決まったかな?

とにかく、来年の活動も楽しみなPRISMです(^^)
[PR]
by mikeneko-30 | 2010-12-28 19:23 | 治郎さんな話
b0025846_22133182.jpg

やっと、このアルバムを買いました。

lu7の「Bonito」です。


先ずは、lu7とはなんぞね?という方のために。
HPをのぞいていただければ、わかりますが、
インストロメンタルの曲を演奏してる、キーボードの女性とギターの男性のグループです。

これは、3枚目のアルバム。
「Bonito」とは、英和辞典を引くと「カツオ」とあります・・・魚のカツオです。
でも、別の国の言葉では「愛する人」とか。

このアルバムのことは、ライブで知りました。
その時は、口頭で聞いたんで、私はてっきりマドンナの♪La Isla Bonitaの「Bonita」かと思っちゃったんですけど、違ってました(汗


10月に行ったkosamota ライブで、ドラムの嶋村一徳さんとベースの治郎さんが参加した、とのこと。
ぜ〜〜んぜん知らなかった私・・・ていうか、治郎さん、全然告知してくれてなかったし。
まあ、8月はPRISMのレコーディングもあったし、その前は綾香さんのツアーにも行ってたんで、忘れてたかもしれません。

・・・いったい、いつレコーディングしたんだろう?


そんなかんだで、8月27日に発売した「カツオ」アルバム ←まだ言うかい!
先日、注文したら、メーカーさんに在庫が無くて、10日ほどかかりましたが手に入れました!


いぃぃぃ〜〜〜〜い、アルバムです! 本当です。
治郎さんがベース弾いてるからって、ひいき目に感じているかもしれないけど、本当にいいアルバムです。
一言でいうと「心地よい」アルバムです(私の本当に個人的な感想ね)。

キーボードの音も、ギターの音も気持ちよく聞けます。
そこに、治郎さんのベースと一徳さんのドラムがマッチして、さらに引き立てている・・・そんな感じがします。

なんだかとても新鮮に感じました。
よろしかったら、ぜひお聴きくださいませ。

ジャケットの写真は、まさに「カツオ」ですわね・・・。
[PR]
by mikeneko-30 | 2010-12-05 22:31 | 治郎さんな話

憧れのライブ

行ってみたい、でも、行かれないライブって、いっぱいあります。
理由は、個人的にあれこれあるんですけど、
このバンドに関しては、東京であまりお目にかかれない、という理由で行かれませんでした。
私にとって、天野さんのバンドってば、憧れのバンドです。
だから、待ってました!とばかりに行ったライブです。


11月4日(木) 銀座swing   E.J.Q ライブ
   天野清継(G) 宮崎隆陸(Sax) 岡田治郎(B) 大槻"KALTA"英宣(Dr)


「E.J.Q」とは「エレクトリック・ジャズ・カルテット」ということです。
サックスの人がいない時は、「E.J.T」・・・「エレクトリック・ジャズ・トリオ」で
ライブをしてます。
主に、関内のライブハウスに出没することが多くて、
帰りを考えると、行かれない・・・そんなライブなのです。


このお店、ライブハウスというよりは、ジャズ・バーのような・・・
演奏する場所を、ぐるりとカウンターのようにかこまれてて、周りにも席があるという。
テーブルの上に、ジャズの演奏をしている人形なんかが置いてあって、
すっごく大人なお店でした・・・こういうところ行ったこと無いもんで・・・(汗


なんと! 今夜は、3ステージあるということです。
ひぇ〜〜、と思いつつ・・・
帰る時間を考えると、これはラストは観られない〜〜!と(T△T)


して、ライブは始まったのでした。
おぉぉ〜〜、いきなり飛ばしまくりか〜!みたいな。

KALTAさんのドラムが複雑なリズムだったり、天野さんもギター弾きまくり。
治郎さんってば、めずらしく、楽譜に釘付け(に見えた)。
サックスの宮崎さんも、けっこう吹きまくってましたね〜〜。

素人の私が聴いていて、難しそうな曲ばかり・・・(・・;
それを、いとも簡単そうに弾いたり、吹いたりしているこの人たちって、
ただ一言・・・

     すっごい!(≧▽≦)


曲は、昔の曲のカバーが多かったです。
天野さんが「20年くらい前の曲」とか、「誰々のアルバムにある曲」とか説明してました。

すいません、私の知らない人の曲ばかりでした(^^;



ところで、ギターの天野さん・・・
CDを何枚か聴いたら、ほとんどアコースティック・ギターものなんです。
だから、エレキは弾かないのかと思っていたら、You Tubeで観たライブは、
エレキギター弾きまくってました。
もっとも「今日は、エレキで・・・」と言ってましたけどね。


サックスの宮崎さん・・・どこかで名前を見たような気がしてたら、
2000年くらいまでの3年間、T-SQUAREに在籍していたそうです。
メンバー紹介の時に、そう紹介されてました。


治郎さんは「PRISMでベース弾いてます。オレと同い年の和田アキラのいる(!アキラさんと同じ年齢とはビックリ)。平原綾香さんのツアーなんかにも出てて、『先生、先生』って呼ばれてるんだよね?」と紹介されてました。
綾香さんのいた洗足学園で、治郎さんは講師をしていたことがあるのです。


あれ? KALTAさんは、どう、紹介されてたっけ? 「後ろからあおられる」って言ってたような気がするんですけど・・・忘れてるし〜・・・すまんことです m(__)m
でも、KALTAさんって、天野さんと一緒のことが多いです。
ドラムもすごいの叩くんですね。生で聴いて、あらためて、すごい人だ、と思いました。


期待していた以上のステキなライブでした。
観ていて、本当に演奏の上手さをひしひしと感じるような、そんな感じです。


こんなに行きたかったライブなのに、最後までいられなかったんです。
サード・ステージまでいると、帰宅すると11時半過ぎちゃいそうで、後々のことを考えると、
帰るしかなかったんです。
「残念」という言葉をいくら並べても足りないくらい、残念。

ファースト・ステージが終わった後に、治郎さんに「最後までいられないんです。ごめんなさい!」って言いました。
本当に申し訳なかったなぁ。もっと聴いていたかった。
帰りの電車の中で、ホント泣きそうになるのをこらえてました。


また、東京でライブしてくれる日を待ちます。
次回は最後まで聴けますように・・・
[PR]
by mikeneko-30 | 2010-11-21 22:20 | 治郎さんな話
早いもので、もう10日以上経ってしまいましたよ。

10月29日(金)渋谷の7ef へ行ってまいりました。

なっちこと粥川なつ紀さんは、岐阜を拠点として音楽活動をしているサックス奏者です。
東京でライブするのは、今回1年半ぶりくらいとか。
まあ、今年のGWには、PRISMのライブにゲスト出演で関内には来たんですけど。
いつも言うように、神奈川県内のライブはちと遠いので、ざんね〜〜〜ん!しました。

もう、その日は、朝から浮足立ってるというか、どんなライブになるんだか、と
心はライブ〜♪な日でありました。いえ、仕事はとりあえず、ちゃんとしましたよ。


友達と待ち合わせて、一番乗りしてしまいました〜。
「あと10分くらい待っててね」なんてお店の人に言われてしまったりして。

うんにゃ、その前に、治郎さんを先頭に3人が出てきたんだっけ!(@○@)

7efというライブハウスは、エレベータ降りたらすぐ入り口なところだったんで、
大人がゴソゴソ5人(笑)。
治郎さん、なっち、一徳さんは、リハーサルを終えて、外に行っちゃいました。


私は、ここは初めてのライブハウスで。
なんだかこじまりしていて、どちらかといえば、隠れ家的な感じがしました。
50人入れるらしいけど、そんなに入っちゃったら、みっちみちになりそー。


始まるまで、しばし友達とおしゃべりしてたんで、あっという間に開演時間。


うわ〜〜、生なっちだ〜〜♪ きれ〜! かわいい〜! ほそい〜!(@▽@)

とってもかわいいなっちですけど、サックスを吹けば、立派なミュージシャンです。
サックスの音が、とっても心地よかったです。
そこに、治郎さんのベースと一徳さんのドラムが重なると、もっとステキな曲に。


「わぁ〜、やっぱりライブはいい〜〜」と。


セカンド・ステージで、何やらなっちが手にしている・・・何だろう?
おおおおおおおおお〜〜、このイントロは!

kosamota de Hanauta にはいっている ♪Gyouza Toubanjyan ではないですか!
まさか、この冗談のような曲がライブで聴けるとは・・・感動。


MCもとっても楽しい話題が続きました。
今日、なっちが持って出た荷物は、20キロもあった、とか。
某アルバムのタイトルが日本語にすると「鰹」だとか。
ラジオ番組の難しさ、などなど。
曲が終わるたびに、曲の紹介や日頃のエピソードなど。
穂高に登った話も出ました。すごいですね〜。山に登るサックス奏者(^^;。

少々、なっちの天然なところも垣間見た、そんな楽しいMCでした。


治郎さんと一徳さんと言えば、Junky Funk です。
変ビートの演奏もありまして、そのまま曲に〜、なんていう場面もありました。


とっても心地よいライブでした。

終わった後、友達は電車の時間の関係でなっちとお話する時間が無かったのが残念でした。
私も、時間的には遅かったんですけど、どうしても渡したいプレゼントがあったので、
そのまま待っていました。
CDにサインをちょうだいして、プレゼントも渡せました。
カメ好きな、なっちに水晶のカメの根付け・・・銭亀って書いてあった・・・笑

せっかくだから、治郎さんと一徳さんからもサインをちょうだいしました♪


あとは、例のごとく、走って帰りましたけどね。


後日、ライブを思い出して、ステキな時間が過ごせたなぁ、とつくづく思いました。

なっち、遠いところ、お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。
治郎さんも一徳さんも、お疲れさまでした&ありがとうございました。

また、ライブがある日を楽しみにしています。

b0025846_23153399.jpg

[PR]
by mikeneko-30 | 2010-11-10 23:15 | 治郎さんな話

お誕生日

今日、10月21日は、PRISM のベーシスト、大好きな岡田治郎さんの誕生日です(^^)

わ〜い、お誕生日おめでとうございま〜す。


読んでないと思うけど・・・いや、絶対に読んでない。
でも、言っちゃいます。


これからも、カッコいいベースプレイ見せてください。
そして、すばらしい音楽を聴かせてください。

みけ3、ずっと応援します!




治郎さんって、ひつじ年なんです(何歳か、調べてね)。
でも、全然そんな年齢に見えません。
すんごく、カッコいいです(^^)。
で、すごく癒し系・・・(私の見た限りですよ)。

治郎さんが、ライブで話すと、その場が和むというか・・・そんな感じです。


私は、治郎さんのおかげで、今年はたくさんステキな音楽を聴くことができました。
本当に、感謝しています。


治郎さんの誕生日を、心からお祝いする、みけ3なのです(^^)



・・・って、書いてるけど、ホントは、すっごく恥ずかしい・・・ミーハーまるだしじゃん(汗
[PR]
by mikeneko-30 | 2010-10-21 22:37 | 治郎さんな話

久々のPRISMライブ〜!

たぶん、半年以上ぶりですね。
PRISMのライブに行ってきました。

b0025846_21324048.jpg
今回は、いつものライブハウスではなくて、会場は写真の通り、株式会社愛和さんの倉庫です。

WINE PARTY & LIVE by HARBEST CONRERO

PRISMのHPにも書いてあった通りです。
場所は、新木場駅からバスに乗って、バス停から歩いて数分の場所でした。
私は、駅から歩いちゃいましたけど・・・(歩いた話しは、また後ほど)

相変わらず、早目に会場に着くのがみけ3であります。
開場時間の1時間も早く着いちゃいました(^^;


おかげさまで、リハーサルの音をしっかり聴いちゃいました。
「え?あの曲?・・・え?この曲? これ演奏しちゃうの〜!(≧▽≦)」
という音が聴こえてきまして・・・すでに、感動!


いつも1人でライブに行く私ですが、今回は友達も誘っちゃいました。
16:00開場、16:30〜第1部 休憩 17:30〜第2部

ライブハウスって、だいたい始まる時間が、早い人で19:00。
普通、だいたい20:00始まりですから、ちょっと遠くの友達を誘ったりできないじゃないですか。
でも、今回はこういう時間だし、「行ってみたい」と言っていたので、誘ってみました。


さてさて、まだ外は明るい時間ですが、会場は熱気ムンムン・・・ていうか、倉庫ですからね。
PRISMファン以外のお客さんも多かったようだし。

ステージはこうです。
b0025846_21481811.jpg


私の席からはこう見えました。
(後で気がついたんですけど、演奏中は万作さんの顔が全然見えなかったんです)
アキラさんのギターは3本。治郎さんはいつもの通り、メインベースは持っていっちゃってますから、1本置いてあります。
席が決まっていたので、治郎さんの真ん前ではなかった・・・あはははは(^^;


時間を少しまわったところで、ライブは始まりました。

わ〜〜い、久しぶりのPRISMだ〜〜♪

セットリストは、最後に書きますけど、ステキな選曲だったと思います。
私は、生で♪Ideo~ が聴けて、感動しちゃいました。
(リハーサルでやってたんで、これも演奏するの〜、とムフフだったんです♪)


演奏が始まっちゃったら、もう入り込んじゃってますから、治郎さん凝視状態で(笑)。
カッコよかった〜〜。


倉庫、ということで、音がどんな風になるのかと思っていたけれど、別に問題なかったです。
第1部終了後、治郎さんが自分でスピーカーの位置を直してたけど。


MCはいつもの通り、万作さんのお役目で。
やっぱり、ファン以外の方が多かったようで、PRISMの紹介から始まりました。
「え〜、PRISMといいまして。デビューした時からずっといるのは、ギターの和田アキラだけで・・・云々」みたいな。
「前半5曲、後半5曲ですから。時間もあまり無いようなので・・・」と短めなMCでした。

後半のMCの時、「みんなアキラの声も聞きたいと思うんで、アキラ、しゃべってよ」とふったら、「オレ? いいよ、みんなオレの声なんて聞かなくてもいいじゃん」と(^^;;
万作さんすかさず「オレたち、あんまりしゃべるなって、言われてるんですよ。バンドの品格を落とすって。だから、商品説明は理路整然と話す治郎ちゃんに・・・」と治郎さんにマイクが。
今日持ってきているCDとDVDのことを、あののんびりとした口調で話してまして。

「実は、昨日、やっとレコーディングが終わりまして。みんな、ヨレヨレな状態なんですけど・・・。大丈夫でしょうかね(アキラさん「大丈夫、大丈夫」)。一応、来年の3月頃に発売するんですよね? レコーディングがもう終わっているのに、発売は3月ですよ」と。
それから、今回は、キーボードの方にも手伝ってもらったそうです。最初は、「1曲手伝ってよ」が結局、5曲になったとか・・・。


拍手喝采。新しいアルバムが出ますよ〜。
鬼に笑われてもいいから、楽しみですね〜(^^)。


なんだかね、あっという間に10曲終わっちゃいました。
でも、アンコールは2回あったんですよ。
2回目の時は、社長さんが「最終バスも気になるけど、もう一度やらせます!」と言ってくださいまして、出てきましたよ(アキラさん、ビール持ちで・笑)。


恒例の「CD,DVD買ってくれた人へのサイン会」もちゃんとやりました。
でも、アキラさんってば、ものすごいハイテンションで・・・酔っ払いでした〜(^^;
万作さんが「ほら、アキラ!」って、あれこれ言ってたの面白かった。

「アルバム発売したら、またツアーですか?」と聞いたらば、ハイテンションのアキラさんが「やるよーー!」と言ってました。これも楽しみ〜♪


一緒にいた友達Fちゃんが「ホントにサインしてくれるの?」と。
「ちゃんとしてくれるよ〜。PRISMは、いぃぃ〜〜い人たちだもん」と私。

彼女は「INVITE」をお買い上げ。サインも握手もしてもらいました〜。
私も、「blue・・・」を買って、サイン&握手してもらいました。
で、それは、彼女にプレゼントしちゃいました。
もっとPRISMのこと知ってもらいたかったし、一緒に行ってくれたお礼も兼ねて。
ありがとね、Fちゃん。

メンバーと一緒に写真も撮ってもらいまして、帰りました。
帰りの空は、夜になっていて、月がとってもキレイでした。


ライブ自体ほぼ2ヶ月ぶり、PRISMは、3月以来のライブで、
すっごい楽しかったし、相変わらずカッコいいライブでした。
イヤ、本当に生の音はいいですね。
これだから、ライブに行くのはやめられなくなっちゃうんですね。




今回の企画をしていただいた社長さん、ならびにスタッフのみなさま、
お疲れさまでした。そして、ステキなライブをありがとうございました。
心より、お礼申し上げます。ぜひ、恒例にしてください。

また、PRISMのアキラさん、万作さん、治郎さんも
お疲れさまでした。そして、素晴らしいライブをありがとうございました。
次回のライブを楽しみにしております。



んで、万作さんのドラムセットの下に置いてあった、セットリスト〜〜♪
b0025846_22304813.jpg

プラス、2回目アンコールに ♪MORNING LIGHT  でした。
誰が書いたんだろ? やっぱり万作さん?
[PR]
by mikeneko-30 | 2010-10-17 22:38 | 治郎さんな話
b0025846_22203786.jpg
22日に吉祥寺のライブハウス「シルバーエレファント」でライブを観てきました。
去年の12月26日に TRI-Offensive 以来ですから、久しぶりです。
ちゃんと道順を覚えたつもりでいたのに、ちょっと迷ったりして・汗

ここは予約順に入れるんです。
だから、開場時間前にチケットを受け取ったら、あとは開場時間のちょい前に行けば大丈夫なんです。
今回は、すぐに予約したので、「3番」でしたから〜(^^)。

して、偶然なことに、22日は國田さんの誕生日とのこと。
3日前の19日は、ドラムの坂東さんが誕生日で。
なんだかWバースデー・ライブか〜、みたいな。

b0025846_22303714.jpg

看板の通り、Daisuke Kunita trio。
メンバーは、ギター國田大輔さん、ベース岡田治郎さん、ドラム坂東慧さん。
この3人がオリジナルメンバーです。
私が初めて國田さんのライブを観に行ったとき(1月)は、別の人がドラム叩いてました。
で、5月に行った時に國田さんが「これがオリジナルメンバーで・・・」と言ってました。

治郎さんがいるから行くとはいえ、國田さんのライブは今日で3回目です。
こういうのは珍しいかも。
治郎さんって、いろいろな人とセッションしてるから、あまり重なったことないんですけどね。


このメンバーのギタートリオなライブは、19:00を少しまわった頃始まりました。


え? 今回はどこに座ったかとな? もちろん、治郎さんの真ん前ですがな(^^)。
だって、治郎さんのベース聴くの2ヶ月ぶりですからね〜♪♪


なんだか、今回のライブは、全体的にすごい迫力ありましたよ。
もちろん、カッコよかったですよ。でも、迫力の方がすごかったかな。

知っている曲も何曲かあったんですけど、國田さん、新しいギターだったせいか、
なんだか迫力ありましたね〜。

坂東さんのドラムもすごかったです。
坂東さんって、思ったよりも小柄というか細くて、見た目、高校生でも通りそうな感じで。
そんな人なんですけど、ドラムを叩いてる時は、迫力あります!

治郎さんも早弾きしてましたね〜。
演奏の途中で何回か見せた笑顔はいったい何だったんでしょう? 曲、むずかしかったのかな?
MCの時に言ってたけれど、「1回、勝手にブレイクしちゃいました」と。


1stセットは、あまりMCもなく、曲をどんどん弾きまくりでした。
ていうか、「治郎さん、マイク持ってくれない・・・じゃ、曲行っちゃいましょうか」なんて。


2ndセットは、ゲストがありました。
國田さんのお友達のギタリストさんがライブを見に来てくれるということで、
1曲お願いしたそうです。

その人の持っていたギターが、面白い形でびっくりしたんですけどね。
黒いんですけど、チューニングするところがなくて、
例えて言うならば、アンコウを横から見たような形のギター(ごめんなさい)。
ギターに詳しい方は、どんなのかよくわかると思うんですけど、私は初めて見たギターだったので、
ほとんど目が点状態で・・・(・・;

曲は、椎名林檎の「浴室」。意外な曲選で、びっくり。
彼によると「林檎さんの事務所、黒猫堂に『曲をやっていいですか』と言ったら・・・大物は違いますね。著作権とか気にしないで、どうぞ」みたいな。
ということで、4人で演奏したのでした。
元の曲とは、また違う・・・いや全然違ってて、面白かったです。


2ndセットでは、あの名曲も演ったんですよ・・・「タマ・□ーム」のCMで流れているあの曲。
Deep Purpleの「紫の炎」。
すごいですね〜。CMの何倍もカッコよかったです(当たり前か)。
それでも、曲終わった時、拍手しながら笑ってしまいました。
治郎さん曰く「(演奏したのは)中学生とかくらい以来かもしれない」
・・・治郎さんって、こういう曲のコピーもしてたのか〜・・・ほぉぉぉぉ〜、と思ったりして。
「岡田治郎の弾く『burn』は今しか見られませんよ」と國田さん。おっしゃる通り・笑


MCでの話題は、やはり誕生日。
 治郎さん「おめでとうございます。それで、いくつになったんです?」
 國田さん「ついに、大台にのりました、はい・・・30歳ですよ〜。
      坂東くんも最近だったんだよ ね?」
 坂東さん「19日です。(いくつになったの?)27になりました」
 國田さん「え〜、もう27なの? オレが初めて会った時は、21とかだったよね〜。
      スクエアに若きドラマーが入ってね〜・・・へ〜
      治郎さんは、いつです?」
 治郎さん「いくつ?(いつ?)ああ、いつ? ボクは10月21日です」
 國田さん「じゃあ、もう少しありますね」

國田さんって、30歳なんですね。私はてっきり、来年辺りかと思ってた。
あの時、治郎さん、年齢聞かれてたら、ちゃんと答えたのかなぁ?なんて('67年生まれです)。

みなさん、実年齢よりも若く見えますよ。

そうそう、一番始めのMCの時、國田さんってば、「このメンバーでやるのは、1年ぶりくらい」なんて言ってましたけど、5月にやってるじゃないですか〜〜!
5月の時も治郎さんに「半年ぶりくらいですよね」って。1月に一緒だったのに〜。
あれこれやっているんで、忘れちゃうんですね、きっと。

今回は、ツッコミ入れませんでした ←前回はツッコミ入れちゃった(^^;
國田さん、けっこう早口なんで、ツッコム間が無かったというか・・・(笑)


アンコールの時に、國田さんが生徒さんからもらったという特大ピックを持ってきました。
こんなに大きなピックでも音は出ますよ。手のひらくらいの大きさのピックですけどね。
「あれ?それで弾かないの?」という笑顔の治郎さんのツッコミ。
國田さん、笑ってました。

アンコールは、坂東さんのドラムがすごかった〜。
ツイッターで「足がつりそうになった」ってあったけど、本当にすごかったです。


素晴らしいライブでしたよ。
迫力に圧倒されたり、意外な曲が聴けたり、カッコよかったです。満足〜(^^)


ちなみに、次回は同じ場所で11月28日だそうです。わ〜い。


ところで、ライブに行って思うのですが・・・
治郎さんって、PRISM以外は譜面見ながら演奏してます。
譜面といっても、A3サイズの紙が1枚。どこかのライブで置きっぱになっていたのを
ちらりとのぞいたら、そんなにビッシリ音符がかいてなかったです。
それなのに、あれだけの長い時間演奏するんですね。やっぱりプロなんですね。
b0025846_23241761.jpg
最後に、治郎さんセット。
初めて、PRISMのライブに行った時、弦が5本あるのに驚いたりして。
ベースといえば、4弦と思っていた、本当に楽器オンチな私なんですって。

このベースのネックを動く治郎さんの手を見て、感動しちゃうみけ3なのです。
だから、一番前に座ってしまうんです。
いつか左手の指、見せてもらおうかなぁ・・・握手は右手だし。


みなさん、お疲れさまでした。すばらしいライブをありがとうございました。
次回も楽しみにしています〜。


そーか・・・國田さんも坂東さんも私と同じ獅子座なのよね〜・・・(だから何?・笑)
[PR]
by mikeneko-30 | 2010-08-28 23:32 | 治郎さんな話

セッション・ライブ

17日に、治郎さんのライブに行ってきました〜♪

b0025846_17484018.jpg
今回も、高田馬場音楽室DXです。
・・・ていうか、先月行った時にしっかりこの日の分、予約いれたんですけどね ←早!

いつも形のきまったバンド(PRISMとか國田さんとか)のライブに行っていたんですが、
今回は初めてのセッション・ライブでした。

メンバーは、菰口雄矢さん(ギター)、矢吹卓さん(キーボード)、岡田治郎さん(ベース)、今井義頼さん(ドラム)という。
矢吹さんと今井さんは初めましてで、菰口さんは去年末のTRI-Offensiveのライブで見てます。
治郎さんは、ライブハウスでは6回目・・・(^^;

菰口さんと今井さんは、22歳。矢吹さんは30代、治郎さんは40代。
治郎さんが最年長なのね・・・と。音楽に年齢は関係ないですけど〜。


一応、オープン時間に合わせて行ったけれど、時間が30分変更になっていたし・・・
「ひえ〜、20:00からライブ? ちょっとヤバイかも・・・」と早速帰り時間を気にしたみけ3だったりして。
とりあえず、時間つぶしにその辺歩いて、どこかでコーヒーでも飲んでようかな、と思ったけれど、結局、入り口の階段の前で携帯ゲームやって待ってたのでした。
したらば、わさわさと階段を昇ってくる人が・・・(ライブハウスは、地下1階なのです)。
「(@□@)ひえぇ〜、治郎さん!」
リハーサルを終えたメンバー4人が出てきたのでした。
治郎さんしか目に入らなかったのは、この暑いのに長袖姿だったからかも・・・。
ご飯食べに行く相談してたみたいだったけど、結局、戻っちゃいました。

お店は、19:00にオープン。
しっかり、一番前席ゲットです(目障り席?・爆)。
写真はダメと言われそうな気がしたので、今回はデジカメ持参はやめました。
(でも、隣の席の人はライブ中撮っていた。それに気がついて、バカ正直を後悔したりして)


20:00をちょっとまわったところで、メンバーが出てきました。
セッションだから、何を演奏するんだか?・・・と思い、今井さんのブログをあらかじめチェック。
「それぞれの曲を演奏」するようなことが書いてあって。
矢吹さんのライブでは、お馴染の曲から始まったみたいです。

最初から、すごく飛ばしていたような気がしたのは私だけでしょうか・・・あはは
知らない曲ばかりだったんで、そんな風に聴こえたのかな?
難しそうな曲もあったり、キレイな曲もあったり・・・ちょっと圧倒され気味(汗

治郎さんの曲は、♪On Your Side と ♪MAZE 。
PRISMでは、お馴染の曲です。最新の曲とPRISMに加入した時の曲。この差、10年ほど。
でも、演奏者が代わると、こうなっちゃうんだなぁ、と。
ここで、この曲が演奏されるとは思っていなかったんで、感動するみけ3だった。


MCは面白かったです。今回は、治郎さんの笑顔の鋭いツッコミはなかったですけど。
菰口さんと今井さんはプライベートでも仲がいいみたいで、今井さんが持ってきたCDの話を。
「卒業製作のCD持ってきてるんですよ。それを売っちゃうし」
「あ、いや、まあ、そうですね。みなさん、よろしかったら聴いてください」
「オレ、呼ばれてないし(CD製作の時)」
笑いながらの話ですけど、菰口さんがこんなに話すとは思ってなかったです、はい。

矢吹さんは「次の曲は・・・これ、どう言ったらいいのかな?」。を〜い、みたいな。
スペルがちょっと読めない曲らしくて、こんなことを言う場面が何回か。

ただ今、平原綾香さんのツアーに参加中の治郎さん。
「オレ、『スペイン』見ました」と菰口さん。「僕も、見ました。綾香さんの隣で弾いてた」と矢吹さん。「ツアーでもやってます」と治郎さん。うわぁ〜、観てみたい〜〜!
そうです、ケロロ軍曹の映画の曲「ケロッパ」とのカップリングで「スペイン」という曲をデュオしてます。すごいカッコいい曲です(YouTubeにもあります)。


そんなかんだで、カッコいいし、思ったよりも迫力のあるライブでした。
セッションって、何を演奏するかわからないから、面白いですね。

治郎さんから思わぬ情報も聞いて、ちょっとうれしくなったみけ3でした。


みなさん、お疲れさまでした。カッコいいライブをありがとうございました。
YouTubeに、アップしてくれたらうれしいんだけどなぁ・・・と。

そして、Fちゃん、メールありがとうね。
[PR]
by mikeneko-30 | 2010-06-20 19:03 | 治郎さんな話