みけ3の日々あれこれ

mike30.exblog.jp

好きなこと、発見、思ったことなどなど

<   2009年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

一気読み

久々に本の一気読みをしてしまいました。

読み始めたら、やめられなくなっちゃって(物語の最後はわかりきっていたのに)、気がついたら読み終わっていました。
おまけに、うるうるしてしまったりして・・・(照

石田衣良氏の『美丘』。
単行本で出版された時、本屋さんで表紙を見て、ちょっとビックリしたを覚えてます。
う〜ん、男は邪魔だけど、女性の背中がキレイだな、と思ったんですけど(笑
文庫本になるのを楽しみにしてよう、と思ったのが2年前くらいかな?

して、今月下旬に文庫本化されました。
・・・表紙は、単行本と同じだった・・・(汗


内容は、簡単に言うと、とある大学生の恋愛小説です。
詳しくはネタばれになるので、興味をもった方は本を読んでください。


頭の中に描いたのは、主人公の男性は松山ケンイチで、その主人公が恋する彼女は土屋アンナだったりして(爆
私って、本を読む時、いつも勝手にキャスティングしてしまいますから、読みながら頭の中で画像化されてるっていうか、動いてるっていうか(笑


高卒で就職した私には、大学生の生活って、よくわからないんですけどね。
それに、前にも書いたけど、恋愛小説自体、あまり好きじゃなかったりするんです。
石田衣良氏は好きな作家さんなんで、恋愛小説でもエッセイでもシリーズ物でも、文庫本化されれば読んじゃうんですね〜・・・(^^;


して、『美丘』ですが・・・
恋愛小説は、非現実的と思っている私でも、読み終わった後、うるうるしてしまいました。
こんなことめずらしいです。
でも、それは、単純に主人公の彼がかわいそう、とかそういうことじゃないんです。
彼女の背負った運命に、かな?


やっぱり、恋っていうのは、いいものだと思いました。
人を思いやる気持ちが、強くなるというか・・・いい意味でね。過剰はいけないけれど。
その人も強くなるのかもしれない。

例えて言えば、子どもが産まれると「育児」しなきゃいけないでしょ。でも、それは「育自」でもあるという。
自分も一緒に育てられる、というか、そんな感じに似ているかな? おまけに「母」になるといろいろな面で強くなるし(笑


あいにく恋するにはちょっと遅い年齢になってしまったから、小説で読んで楽しみましょうか。
まあ、独身ですから(をい!コブつきじゃん・自滅)、誰に恋しても問題ないんですけどね。


あまり本の感想になってないなぁ・・・
でも、思っていたよりはシビアな内容だったな、という感じです。
甘甘の恋愛小説だと思っていたら大間違いですぞ。


衣良氏の本は先に『40』を買ったんだけど、後に買ったほうを先に読み終わってしまったです。
このままでは、積ん読になってしまうかも・・・(買ってあるから、いつでも読めるけど・汗)


一気読みで、寝るのが午前様になってしまいました。
その日は、睡眠時間4時間弱で早出出勤したのでした。昼休みは爆睡でした。
小説を読むなら、休みの前の日がいいですね・・・(^^;;
[PR]
by mikeneko-30 | 2009-02-28 18:49 | 独り言

不思議な縁

また、愚息の話で恐縮ですが・・・

息子が、保育園入園時、同姓の子がいました。
名字が同じで、好きなもの(電車)が一緒だったこともあって、すぐに仲良しになった二人。
偶然にも、お昼寝用のパジャマまで同じだったんですね。
偶然が重なって、私もビックリしたんですけどね。
(後で、息子は私の旧姓になったので、名字は変わったけれど)

そのまま同じ小学校に入り、クラスが違っても、よく遊んだりしてました。

中学は学区の関係で違ってしまいましたが、年賀状のやり取りはしていたようです。

いざ、高校受験。
「なんだか、□□ちゃん(友達)とは縁がありそうだから、高校一緒だったりしてね〜〜」なんて、冗談まじりで家族で言ってたんですね。


「そういえば、□□がいた」
「え? 冗談でしょ? □□ちゃんも、同じ高校受けたってこと?」
昨日の合格発表の高校で、息子は□□ちゃんを見つけて、声をかけたそうです。
もちろん、合格してたとのこと。

願書提出や試験の時は、会ってないので、お互いに知らなかったんです。
もちろん、連絡をとっていたわけでもないし・・・

つーことは、中学で離れた二人ではあるけれど、高校は一緒ってことでつか?(@□@)
家族一同、ビックリしたのは言うまでもありません。


いやぁ、縁とは不思議なものです。
保育園でパジャマが同じだった時、目が点になってしまったけれど、この二人はどこか縁があるんですね。
高校でも、仲良くやってちょ、と言いたいです。

これで、同じクラスになったら、また家族で目が点になりそうです(笑
[PR]
by mikeneko-30 | 2009-02-28 18:10 | あれこれ

やったね(^^)v

母みけ3の不安と心配の元も終わりました。

愚息、都立高校、合格しました〜〜!

よかった、よかった(T▽T)←うれし泣き


私が中学生の時、国語の先生が言ってました。
「君たちに出来る親孝行は、都立の高校に受かることです。それが、今の君たちにできる一番の親孝行だから、がんばりなさい」
・・・みたいなことです。


たしかに、当時はあまりよくわからなかったけれど、今、自分が親の立場になって、わかるような気がします。
だって、単純に私立と公立では、かかる費用が一桁違いますもん。

実は、すごい不安があったんですよね。
入試翌日の新聞に、問題が入ってきたんですけど、自分も過去に受けたわけですから、解いてみようとしたんです。
・・・難しい・・・(・・;;;

数学なんて、こんなに難しかったっけ?
私も数学は苦手だったんで、愚息のことをあれこれ言えないんですけど(でも、計算は得意だった)、今は、こんな問題やってるんですね〜。
「数学は答えが一つしかないから好き」という人いたけれど、私はダメだ〜〜。

その日、会社から帰ってきて、もう一度紙面を見たら、解答欄にチェックがされてた。
愚息、ちゃんとチェックしたらしい。
でも、数学のチェックを見て「ちょっとヤバイんでないかい」と母みけ3は思ったのであります。
(他の教科は、そこそこみたいだったけど)


だからね、すごく発表まで不安だったんですよぉ。
朝、普通に送り出してはみたものの、正直、胃が痛くなりました(^^;

10時過ぎに帰ってきた愚息。
ドアを開けて、開口一番。「どうだった?」

「受かった」

思わず、涙が・・・
ああ、我が息子を信じられなかった、自分が情けないなぁ。


何はともあれ、昨日のうちに「入学確約書」も提出して、入学金も支払い、制服や体操着の採寸もしてきました(雪の中、出かけたし。会社を休んで正解でした)。

というわけで、4月7日には、本人が希望していた高校の入学式を迎えられることになりました。
母みけ3、本当にほっとしました(^^)v ←いや、まだ忙しいんだがね、書類書きとか・汗
[PR]
by mikeneko-30 | 2009-02-28 17:50 | 日記もどき

東京の雪

b0025846_1721393.jpg
昨日の東京の天気は、午前中、雨から雪に変わりました。
写真は、コートの袖に落ちてきた雪・・・わかります?(笑
東京に降る雪は、重いのでカサをささないと濡れます。


前日の夕方の天気予報を見ていて「雪になるかも」と聞いて、「またまた〜」なんて言ってたんですけどね(^^;
今回は、本当に当たってしまいましたし。

それにしても、寒かったです。
今年は暖冬傾向で、あんなに暖かい日もあったのに、今週は、あれは何だったの?と言いたくなるような寒さでした。
それに、5日連続太陽がお隠れあそばしてたとか。
2月にこんなこともめずらしいそうです。

日本海側や北国じゃあるまいし、確かに太平洋側の東京が、この時季に晴れないっていうのはめずらしいです。

おかげで、洗濯物が乾かないこと・・・。

あれ? そういえば、我が家の洗濯機ってば、乾燥機能ついてたような・・・。
こういう時に使わなきゃ意味ないのね。
便利な機能も使わないと、宝の持ち腐れ状態になってまうよね・・・(汗
[PR]
by mikeneko-30 | 2009-02-28 17:28 | あれこれ

2時間遅れ

ついに、愚息の受験が終わりました〜〜。

昨日が都立の入試でした。
結果はどうあれ、がんばったと思います。

とはいえ・・・
昨日はハラハラしちゃいました。
というのも、ニュースでご存知の方もいらっしゃると思いますが、
こういう日に、電車が遅れまして、学校のほうも混乱しました。

でも、ニュースではあまり報道されていなかったようです(私が観た限りね)。
だって、日本の映画がアカデミー賞を取ったじゃないですか。
その話ばかりで、飛ばされちゃったみたいで(汗

まあ、入試は、東京都だけの話ですから、しかたがないんですけど。

そんなこと知らない家族は、5時過ぎになっても帰ってこない愚息を心配していました。
こういう時って、悪いほうにしか思いつかないもんなんですよね。


結局、6時過ぎに帰宅。
 母みけ3「どーしちゃったのーー。みんな心配したじゃん」
 息子  「2時間遅れで、11時から始まった」


夜のニュースで詳しく聴きましたが、息子の受けた学校も数名来なかったそうです。
2時間も遅れて始まったんじゃ、子どもたちがかわいそうですね。
ただでさえ、緊張してるのに・・・

本当にみんな「お疲れさまでした」の都立高校の入試でした。


ああ・・・金曜日には結果が出る・・・胃が痛くなりそう・・・(・・;
愚息よりも先に結果を見に行きたいような気がする、母みけ3であります。
[PR]
by mikeneko-30 | 2009-02-24 20:53 | 独り言

今日買いました

b0025846_2013128.jpg
明日発売の

ASKAシンフォニック・コンサートのDVD

あんど

シングルCD「あなたが泣くことはない」
(映画「ニセ札」の主題歌でもあります)

買ってまいりました~(^^)v
(曲の感想は、後日)


なんと!
シングルCDなのに、ポスターのおまけが付いていました(b^ー゜)♪
(すごく良い雰囲気な写真ですよん♪)
すごい得した気分。

次はアルバムの発売を楽しみにします。

ちなみに、CHAGE兄のアルバムは、来月発売します。




どうしても、今日、買いに行きたかったんですよ。
だって、今日は、ASKAさんの誕生日ですから♪

ASKAさ〜ん、お誕生日おめでとーございまーす(^o^)

いつまでも、カッコいいASKAさんでいてください。
同じ時代にいられることに感謝します♪
[PR]
by mikeneko-30 | 2009-02-24 20:01 | ASKAな話

ポスター発見(^^)v

b0025846_15485282.jpg
せっきー☆新ポスター、池袋駅で見ぃつけたぁ(^^)v

場所はメトロポリタン口を上がった通路です。
山手線を降りて、階段を昇ったら、左をご覧ください。
埼京線の乗り代え口の壁にしっかり貼ってあります。

駒込駅の通路は出来たてでポスター貼る場所がたくさん空いてます。
せ☆ポスター、貼ってくれればいいのに~(^O^)
[PR]
by mikeneko-30 | 2009-02-22 15:48 | せ☆な話

ドキドキ♪

土曜日のバレンタインデー。
きっと、ドキドキしながら好きな人にチョコレートを渡した人、いるんでしょうね。
成果はどうあれ、渡しちゃった後は、なんとなくスッキリした気分になりますよね。


私が初めてチョコレートをプレゼントしたのは、中学2年の時だったかな?
(私にも中学生の頃があった・笑)
友達が、ほとんど無理やりお膳立てしてくれたっけ。
その時は、ドキドキしたなぁ(照)
当時は、純情だったんです・・・(画面の前で笑っている人、約○名?)


それから、早○○年・・・
う〜〜〜〜〜〜ん、ドキドキすることかぁ・・・(遠い目)

あまり無いかも(^^;;


でも、何回もサイン会とかイベントに行って、会っていても、せっきー☆の前ではドキドキしちゃいます。
自分の番がまわってくるまでの2人くらい前から、突然ドキドキしたりして。
恥ずかしながら、まだ、自分の中にそんな気持ちがあるなんて、かわいいなぁ、と思う瞬間ですね。
読んでくれるかどうかわからない手紙を書く時すら、ドキドキしちゃうし(汗
(でも、けっこう支離滅裂な内容だったりして?・自滅)

最近、生せっきー☆に会ってないなぁ・・・う〜〜ん(ー_ー)


ASKAにはドキドキしないの?と言われそうですけど。
ASKAは、私にとって、あまりにも雲の上の存在で、自分の目前(握手できる距離)にいるなんてこと想像もつかないからかも。
でも、もし、そういう機会が・・・たぶん無いと思うけど・・・あったとしたら、心臓が口から飛び出そうなくらいのドキドキかも(オーバーな)


「恋」と言うには、ちょっと違うとは思うけれど、
こういうときめくことって、大切なんじゃないかな、と思います。

いいんですよ、この人ステキ!とか、あの人カッコいい!とかでも。

そういう気持ちをもっていられる自分がかわいいなぁ、って思えることも
大切なんじゃないかな、となぜか思った、今年のVDでした。


そうか・・・ホワイトデーにプレゼントというのもあり、かもしれない。
誰に? そりゃあ、・・・って誰にしよう・・・?(をい!)
[PR]
by mikeneko-30 | 2009-02-16 21:19 | 独り言

赤と白

昨日あたりから、突然、鼻がグズグズしてきました。
耳鼻科には行かなくてもいいか、と思っていたのに。

今日は、用事があって会社を休んだので、ついでに耳鼻科に行ってきました〜。

不思議なもので、耳鼻科に行ったら、症状が軽くなりました。

やっぱり、花粉症の出るこの時季は、毎年、内科、眼科、耳鼻科のセットで行かなきゃダメみたい。・・・めんどくさいなぁ・・。


耳鼻科はめっちゃ混んでいたので、ちょいと近所をお散歩。

土日は、うそみたいに暖かかったんですけど、少し冬が戻りつつあるみたいですね。
風は少し冷たかったです。

春近し、ですね。あちこちに花が咲いてました。
この暖かさで、タンポポまで咲いていたりして。
でも、今は梅の花ですね。満開まではいってませんでしたけど、キレイでした。
おっと〜、ボケの花まで咲いていました。ちょっと早いかも。

こういう時は、やっぱり普通のデジカメを持って出ないといけないですね。
携帯だと、全体の雰囲気が撮れなくて残念。


紅白で縁起がよろしく・・・(右がボケ、左が梅です)

b0025846_2013498.jpg

[PR]
by mikeneko-30 | 2009-02-16 20:16 | 日記もどき

昭和の人

昭和生まれの私の愚息は、平成生まれ。

どうも、学校では「昭和の人」と言われることがあるようだ。

まあ、思い当たる節もあるけど(^o^;;

野球&相撲観戦好きで、最近のお笑い芸人のネタを見ても笑いもしない。
一言「つまらん」。

お笑いは、ドリフ系や吉本でもベテランと言われる人のほうが笑ってるし。
落語自体は、あまり興味はあるような無いような感じだけど「笑点」は好き。
年末年始に特番で放送されている、昔のお笑い見てゲラゲラ笑って見てるしね。

本人曰く
「昔の人のほうが面白い。今の人は、大声出したり、人の悪いところにツッコミをいれたりして、面白くない」
要は、ハッタリだけしかないと。

友達の家で、お笑い番組を見せてもらったけど、全然面白くなかったらしい。
これじゃあ、お笑いネタではクラスの友達と話しが合わないはずだわ。

なるほど・・・
確かに、最近のお笑い芸人はネタよりも番組でタレント化してる人多いし。
10年後にどのくらいの人がお笑い芸人で残っているんでしょう?
ドリフみたいに、身体をはったコントをやる人、少ないし(志村けんさんくらい?結局は、ドリフだもんね)。

漫才ブームなんていう頃もありましたけど、今も残っているのは上手かった人なんでしょうね。
あの頃から少しずつ、漫才というモノが変わってきたのかもしれませんね。
「話術」で人を笑わせる芸人さんが減ってるのかな?


ちなみに、私は子どもの頃「レッドスネーク、かも〜ん」のおじさんのネタが好きでした(今見ても笑えるけど。もう、ご本人は亡くなってしまって、後を継ぐ人もいなかったので、この芸は終わってしまいました)。

将来、平成生まれの愚息の記憶に残るのは、きっと平成のお笑い芸人じゃなくて、昭和のお笑い芸人なのかもしれませんね。

今、お笑いやってる人たちが十数年後に、特番組んでくれた時にビデオが流れるようにがんばってください。
[PR]
by mikeneko-30 | 2009-02-15 11:48 | あれこれ